スポンサードリンク
スポンサードリンク

 

現在は以下をドル送金で使用しています。

ワールドファースト [Amazonマーケットプレイス&オンライン販売者のための国際送金サービス] 

アマゾン輸出のレンタル口座は現在ここが最安です。
サービスもいいです。

以下、過去に書いた記事です。

 

こんばんは。
ポンまんです。

消費税増税が始まって、
日本が売れなくなるのは分かるのですが、
何故かアメリカでも売れなくなってきました。^^;

日本製品でもアメリカで消費するものは
課税対象にはならないはずなんですが??

単純に給料日の関係だけかも。。。
月末の方が売れやすいような気がしてます。

さて、タイトルにあるペイオニアでの送金ですが、
実はこのペイオニア、

銀行送金した方が得です。

ま、銀行送金サービスが始まったのが
ここ最近の話だと思いますので、

これが周知なのかどうかはわかりませんが、
いろいろ調べてもこれに関する情報って
なかなか見つかりませんでした。

だったら自分で調べるしかない!
ってことでいろいろ試してみました。

 

まずATMで出した場合どうなるか?

 

◆セブンイレブンで20万引き落とした場合。

為替レート 104円
ペイオニアの引出し額 $1990

200000÷104=1923
1990-1923=67
67÷1990×100=3.36%

総手数料率 3.36%

 

結構取られてますね。
実際ペイオニアで引かれる手数料は$3.15だけ。
じゃ、なんでこんなに引かれるのか?

これです。

2014y04m06d_112957302

赤枠で囲った小さい文字。(笑)
ようはデビット機能である
マスターカードの手数料です。^^;;

 

では次に銀行送金した場合の2社を比較してみます。

 

◆住信SBI銀行で4000ドル送金した場合。

為替レート 102円
ペイオニアの引出し額 $4000
ペイオニア手数料2% $80
住信SBIの受取手数料 $25
住信SBIの為替手数料 0.09円/ドル $3.5
リフティングチャージ $55

送金手数料総額
80+25+55+3.5=163.5
163.5÷4000×100=4.1%

総手数料率 4.1%

 

 ( ゚д゚)ポカーン

 

リフティングチャージ
55ドルって

なんじゃ~~~い!!!!

 

ヽ(`Д´#)ノ

 

 

 

 

 

 

2014y06m03d_190032192

もっと~~

住信SBIの口座をたまたま持ってた
というのもあるのですが、

この為替手数料9銭という数字に
てっきり騙されてしまいました。

しかし、このリフティングチャージ55ドルというのは
住信SBIが取ってるというわけではなく、
送金元から送金先で経由する銀行が
取っている手数料らしいのです。

今回の場合はドイツ銀行だったわけですが、
住信SBIに聞いてもドイツ銀行を通ってるということ
しか分からず詳細は分からないとのこと。

訂正

スポンサードリンク

住信SBIではドイツ銀行(ドイチェバンク トラスト
カンパニー アメリカズ)のみ経由すれば
リフティングチャージはかからないそうです。

2014年8月4日現在、
15ドルほど取られてる可能性があります。

ですので今回の場合はドイツ銀行までに
別の銀行を経由していたようです。

参考
https://www.ponmung.com/59hc


また、送金元のペイオニアに聞いてみても
保留中で返事が返ってきません。

(〃´o`)=3 フゥ

結局、送った側も受け取った側も
わからないという謎の手数料なわけです。

リフティングチャージというとなんか
小難しい感じがしますが、
ググればいくらでも出てきます。

ま、私が思うにはヤクザのみかじめ料
みたいなものだと思ってます。

わいのとこ通るんやったら払わんかーい!!
みたいな感じですね。(笑)

じゃ、やっぱりATMの方がいいんじゃね?
と思われるかもしれませんが、

このリフティングチャージがなければどうなるか?
ということころですね。

ってことで次はリフティングチャージがかからない
と言われている銀行で試してみました。

◆新生銀行で4000ドル送金した場合。

為替レート 103円
ペイオニアの引出し額 $3920
ペイオニア手数料2% $80
新生銀行の受取手数料 $0
新生銀行の為替手数料 0.5円/ドル $19
リフティングチャージ $5

送金手数料総額
80+5+19=104
104÷4000×100=2.6%

総手数料率 2.6%

おお!

一気に安くなりましたね!^^
でもリフティングチャージがかからないと
謳いながらもちゃっかり5ドル取られてます。

これもどこか経由した銀行で取られてるのですが
ドイツ銀行でないのは確かですね。(笑)

で、さらに違う金額でも送金してみました。

 

◆新生銀行で1277ドル送金した場合。

為替レート 103円
ペイオニアの引出し額 $1252
ペイオニア手数料2% $25.5
新生銀行の受取手数料 $0
新生銀行の為替手数料 0.5円/ドル $6
リフティングチャージ $5.9

送金手数料総額
25.5+6+5.9=37.4
37.4÷1277×100=2.9%

総手数料率 2.9%

おお!

1000ドルちょっとでもATMで引き出すより
安いという結果になりました。^^
しかもリフティングチャージは5.9ドルと
ほぼ変わらずです。

また、住信SBIでは着金時に送金理由を
問われたのですが、新生銀行は何もなく
ほとんど手間なく送金することができます。

リフティングチャージがかからない銀行は
他にシティバンクがありますが、
為替手数料1円なので結果的に新生銀行が
ベストになります。

ただ、

もし、住信SBIのリフティングチャージ55ドルが
固定だとすると送金額によって形勢逆転します。

為替レート103円で計算すると
19000ドルぐらいが損益分岐点ですね。

ま、この辺は試してみないと分からない
話になってきますが。。。。

ということで、

2万ドルぐらいまでの送金であれば
新生銀行でOKってことで一件落着。 ^^

追記

ペイオニアの銀行送金は

最小引出し額: $500
最大引出し額: $9500

なのですべて新生銀行で問題ないですね。

因みに登録時にスイフトコードなどの
指定があると思うのですが、新生の場合は
下記ページを見ながらやればいいと思います。

https://www.ponmung.com/0gop

承認されるまで、ちょっと時間がかかりますが
一旦承認されればほとんど手間はかかりません。

また、新生銀行から他行への振替は
1回まで無料で、預金金額によって
最大10回まで無料になるようです。

是非、有効活用してみてくださいね。^^

 

P.S.
ごっつの動画は消しました。(笑)

 

[ad#co-1]

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク