スポンサードリンク
スポンサードリンク

 

昨日、外注さんに「期待してるから!」と
はっぱをかけられてしまいました。
ある意味、いいプレッシャーになっております。^^;

さて、オリジナル商品ですが、
毎日ちょっとずつ売れるようになってきました。

日本はまだまだ苦戦中ですけど、
アメリカは毎日必ず1個売れます。

何故1個なのかは謎。

で、アメリカは100%スポンサープロダクトからの
売上なので、アドワーズはやめました。

日本も毎日ではないのですが、
一応、売れてきてます。

なので、これ以上アドワーズのキーワード増やしても
意味がなさそうなので、
有力なキーワードに絞って、だいぶ縮小しました。

アメリカのスポンサープロダクトの単価ですが、
これが、めっちゃ高い!1クリック平均0.4ドルぐらい。
だから売れるんだと思います。^^;

一方、日本のクリック単価は平均3円ぐらい。
なんと、10倍以上も違う。

で、オートターゲティングレポートを見ると
アメリカの方はだいたいよく似た感じのキーワードですが、
日本のキーワードはバラバラ。

 

アマゾン キーワード

モザイクだらけで申し訳ありませんが、
これはアメリカの方のキーワード設定です。
日本にはこの設定項目はありません。

これが何に影響するのか、よくわかりませんが、
オートターゲッティングにかなり影響しているように思います。

で、タイトルにある商品紹介コンテンツ管理ですけど、
これはアメリカにはありません。

ということは日本の場合はこの商品紹介コンテンツを
充実させれば、いろいろキーワードを拾ってくれそうです。
(実際、テクサポの方も推奨していました。)

スポンサードリンク

 

ってことで、いろいろ弄り倒してるのですが、
禁止キーワードが引っかかって更新されないケースがあります。

SnapCrab_NoName_2015-9-2_10-41-50_No-00

「100%」とか「効果」とかはよくないらしい。

 

SnapCrab_NoName_2015-9-2_10-43-25_No-00

「他社」は完全にダメです。
他人のことを批判しちゃだめですよ。ってことなのかな?
でも他メーカーは大丈夫でした。

 


SnapCrab_NoName_2015-9-2_13-5-29_No-00

「弊社」もダメでした。
社がつくものはダメなのだろうか?
試してませんが、おそらく当社もだめだと思います。

 

ま、ここまで審査の目が光ってるということは、
重要な場所である。
ということも言えますよね。^^

 

P.S.

前回の記事で天命を待つといいましたが、
やっぱ、待てません。
いろいろ弄れば弄るほど売れてるような気がする。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク