スポンサードリンク
スポンサードリンク

 

こんばんは。
ポンまんです。

今日、販売管理システムに売上を入れてたら、
まあ、返品の多いこと。

(〃´o`)=3 フゥ

日本ではこんなにないと思うので
国民性なのか、ちょっと非常識な返品がちらほら。

でも、こちらにも非があるものもあるので
やはり初心者の間は避けて通れない道なのでしょうか?

この辺の確認作業って
日本では製品不良でメーカー保証になるケースが
ほとんどだったので、あまりやる機会がなく、
ちゃんと理解してなかったのですが、

米国はちゃんと理解してないと同じような
過ちを犯すことにもなりかねないので
覚書も兼ねて記事に残しとこうと思います。

まず、トップメニューのREPORTS→Fulfillmentを選んで
サイドメニューからReturnsをクリック。

 

fbareport12

するとこんな画面になるのでEvent Date
できるだけ広範囲のLast 365 daysにして
Generate Reportをクリック。

 

fbareport7

すると見たくないものがゾロゾロと出てきます。(笑)
これは一覧の右2列を抜粋してます。

 

 fbareport8

自動翻訳を使ってみました。

 

◆Sellable

これは再出品できるものだと思うので
無視していいと思うのですが、

Reasonで気になるコメントが。。。

Product is not as described on website

これって多分出品画面の不備だと思います。
調べたところ、おそらく出品画面に
Japan Inportとなってなかったために

客がアメリカ仕様のものだと勘違いして
買ったんだと思います。

この辺はよく見て出品しないと駄目ですね。
Japan Inportとなってない商品は
コメントに注意書きをするなどの処置が必要だと思います。

 

◆Carrier Damaged

スポンサードリンク

FBAだったらアマゾンの責任で、
返金があると思うので
これは完全に無視してよさそうですね。

 

問題は他の2つです。

◆Defective

不良品です。
しょうがないですね。
やはり輸送中、かなり中が揺れるので
壊れる商品が出てくるのは、
ある程度許容するべきなのか??

因みに転送屋さんに着いた時点では

IMG_2839

ボロボロ。。。^^;;

EMSです。

どこでどうこうなるのか?
四隅をガムテープで補強してるのですが。。。

もっと頑丈な段ボールじゃないとダメですね。

不良品はすべて破棄しました。 (TдT)

 

◆Customer Damaged

これが一番腹立ちます。

おそらく何も問題がないのに
客が開封して返品してきたため、
新品で再出品できなくなったものだと思われます。

これも破棄しました。 (TдT)


結局、破棄した分のコストは
トータル2万5千円ぐらい。

それでもこれらのジャンルの商材は
トータルでちゃんと儲かってるから不思議。

MyUs使えば返送することもできそうなのですが、
返送して返ってくるお金って数千円ぐらいだったので
やめて全部破棄しました。

やはりこの辺は許容範囲だと
思ってやった方がよさそうです。

こんなことで心折れて止めてたら
せっかくのビジネスチャンスを
逃すことになりますよね。

で、この廃棄処理や返送処理したものも
一覧で見れます。

 

fbareport10

 

 

因みに日本の画面はトップページから
レポート→フルフィレメントと入るとこんな感じです。

 

fbareport14

 

この辺の画面は全然違いますね。

真中あたりの在庫受領レポート
(米はReceived Inventory)で
調べたい商品の受領確認ができます。

SKUを指定して365日にすれば
そのSKUの受領が365日分すべて出てきます。

そのSKU商品をどれくらい送ったか
調べるのに有効な方法です。

 

[ad#co-1]

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク