スポンサードリンク
スポンサードリンク

 

皆さん、お疲れ様です。
ポンまんです。

中国輸入を本格始動したのですが、
まだまだ基本的なところの知識不足もあるので
ブログやメルマガを読みまくってます。

で、こういった情報を読んでて一番おもしろくて
ためになると思う記事はやはりブログですね。^^

メルマガ発行してる自分が言うのもなんですが、
メルマガ配信してないブログがいいです。^^;

何故かというと本音が書かれてることが多いからですね。

ま、ブログは元来、日記という意味合いもありますから
自分の成長のためだけに書いてる人もいるわけです。

そういった人の成長過程を垣間見れるのは
ストーリー性があってリアルでおもしろいし
勉強になります。

逆にメルマガはあくまで商用がメインですから
リアルでないことが多いです。

といっても中にはためになるメルマガもあるので
しっかり読んでます。

で、いろんなブログやメルマガを徘徊して
感じたことなんですが、

顧客を無視したやり方は長続きしない。


ということ。

中国輸入の場合は基本、ノーブランドがメインなので
ブランド品やメーカー品と違って、
他の出品者との差別化が重要になってくるようです。

自分もそうだったけど、ライバルを意識し過ぎたビジネスって
小手先のテクニックに走りやすいのですね。

例えば輸出でいうとライバルがまだ少ないヨーロッパへ進出

とか。。。

スポンサードリンク

最近、よく聞く話なんですが、
それって場所を移しただけでやってることは
同じなのでライバル増えたらまた同じことの
繰り返しなんですよね~。

自分はFBAというところで差別化を図ったんですが、
今は評価も増えたこともあって
売り上げがかなり安定するようになってきました。

なんか、わざわざ中国輸入やらなくてもいいかな?
なんて思ってるぐらい。。。

アメリカのユーザーって日本のユーザーに比べて
評価をよく見てるような気がしてます。

アメリカ人からしたら輸入品なので
特によく見てるんだとは思いますが、

評価が増える毎にあきらかに売り上げも伸びてきてます。
過去、売れなかったものが売れてきてます。

また、アメリカ人は褒めるのがうまいですね。
いい評価の時はすごく細かく書いてくれることが多いです。

反面、日本人は悪い評価はダラダラ長く書くけど
いい評価は

「よかったです。」

とか

「また利用します。」

とか結構、そっけないです。

ちょっと話がそれてしまいましたが、
やはり顧客満足を重視したやり方って
強いなと。。。。

ライバルを避ける小手先のテクニックなんかより
はるかに差別化になるのではないかと。。。

ってか、

それが商売の基本ですよね。

 

mahura

 

P.S.

サッカーワールドカップですね。
関連商品、完全に乗り遅れてます。^^;;;;



 [ad#co-1]

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク