中国縦断旅 1~2日目(上海~浙江省~広東省)[アマゾンOEM、中国輸入]

スポンサードリンク

 

先月、また中国へ行ってきました。

今回で4回目の渡航です。

今回の目的は取引先の工場と打ち合わせをするためです。

 

前回同様、茨城から春秋航空を使いました。

 

朝ドラ ひよっこ 奥茨城

空港でひよっこのポスター発見。

 

今回は荷物が多かったので受託手荷物25kgまでのスプリングプラスで予約。

座席がゆったりしてて、機内食もついてるんだけど。

 

 

春秋航空 機内食

レトルトカレーに中国のお菓子詰め合わせ。

ま、機内食ってこんなもんだよね?

でもジェットスターの方が美味しいです。

 

 

上海 空港 SIMカード

上海 浦東第2ターミナルについて、すぐここへ。

出発直前に前回使ったチャイナユニコムのSIMにリチャージしてから行こうと思ったのですが、期限切れでチャージできず。

 

このリチャージできる期限というのがよくわからないのですが、行く前はリチャージせずに買った方が無難ですね。

で、渡航前日で手に入れることができなかったので、上海浦東空港でSIMを買うことに。

しかし、後でわかったのですが、この空港で買えるSIMはGmailが使えない検閲があるSIMでした。

なので、日本で買ってから中国へ行かないと、Google関連はまったく見れないという悲惨なことになります。

自分の場合はVPNがあったので何とか見れましたが、速度がぐっと遅くなってしまいました。

 

 

上海浦東 SIM 料金

ネットだけの契約で300元ほど取られた。

高いし、検閲あるしで、いいところがまったくないSIMです。

皆さん、気を付けましょう。

 

地下鉄2号線に乗ってホテルのある静安寺駅へ。

 

上海地下鉄 車内

ふと、吊り革を見るとこんな広告が。

結構日本語勉強する人多いのかな?

のわりにはまったく日本語通じないけどね。

駅についてホテルまでの道中、いつものごとく人民元のキャッシングをしにATMへ。

3000元引き出して、何を思ったか、札を数えてみたくなって数えてたらクレジットカードが吸い込まれてしまった。(笑)

インターホン鳴らしてごちゃごちゃ言ってみたけど、通じず。

ってか警備員に言ってもどうにもならんわな。

ま、セキュリティで吸い込まれたので悪用されることもないだろうと、諦めてホテルへ向かいました。

(帰ってからクレジットカードを止めて再発行したら、何も問題ありませんでした。)

 

この日の宿は窓から見える夜景がとてもきれいないいホテルでした。

380元なり。

 

 

上海虹橋

翌朝、上海虹橋で上海の通訳さんと待ち合わせて、一緒に工場へ。

今回のCRHの予約は下記のサイトでやってみました。

http://jp.ctrip.com/

知り合いに教えてもらったのですが、これがとっても便利!

中国の高鉄、動車はこれで事前に予約しておけば、駅構内や構外のチケット売り場でスマホを見せただけで切符を受け取ることが可能です。

やったことないのですが、住所を指定すれば届けてくれたりもするみたいです。

便利~♪

中国はどんどんIT化が進んでますね。

 

今回の工場訪問はとても有意義でした。

前回行ったときは、まだまだ商品のこともあまり熟知してなかったというのもあって、話の内容はロット数とかお金の話しかできなくて、どちらかというとお願いベースの話がメインでした。

でも、今回はロット数も増えてきて金銭的な内容もすべて契約書で固めちゃってるので、「どう改良したら売れる商品になるのか?」が話のメインです。

なので、工場側からしたら、日本市場の情報を知れるし、ロットは増えるし、価格は下がらないしで、いいこと尽くめなので、今回はすごく待遇がよかったです。

 

 

ランチをご馳走になりました。

(ランチのわりには多いけど。笑)

ほんとはディナーに誘いたかったらしいのですが、通訳さんが今日中に帰ることになっていたのでランチになりました。

ま、英語も中国語もまったく喋れないので、自分としてはランチの時間で十分。

むしろ助かった。^^;

 

ランチをしながら、いろんな話を聞けました。

最近はアマゾンはもちろん、楽天、ヤフーショップでもある程度、実績がついてきたのですが、そういうの、全部御見通しでしたね。

顧客がどういう売り方してるのかはすべて見てると言ってました。

そうなんですよ。

見られてるんです。(^_^;)

なので、あまり下手な売り方してると、アマゾンのアカウント停止どころか、工場までも見放されるという立場にあることを身をもって感じました。

小さい工場だったら選んであげてるという上から目線でいけるけど、ある程度取引量の多い工場だと、工場に主導権を握られているというのを肝に銘じた方がよいということですね。

なので、大きい工場は品質はそこそこいいけど、いざという時にはバサッと切られることもあり得るなと。

こういうところはネット通販の盲点になるところですね。

小さい工場はそういう心配はないけど、品質はそれなりですし。

まあ、一長一短です。

 

商談が終わった後、ホテルの予約から送迎までしてくれました。

VIP待遇です。

 

こんないいホテルじゃなくてもいいんだけどね。(^_^;)

ま、好意を無にしてはいけません。

 

翌朝、また工場の担当者が迎えに来てくれて、駅まで送ってくれました。

 

さて、ここ浙江省から広東省まで一気に南へ下ります。

 

 

一等席を予約してみた。

結構ゆったり座れます。

 

 

広すぎて足置きまで足が届かない。

いや足が短いからか?

でもテーブルも遠い。

 

 

駅弁を買ってみた。

まずい。

 

6時間ほど揺られて深圳へ。

 

深圳北で広州南行きのCRHに乗り換えて。。。

 

 

広州に着いたころには日が暮れていた。

 

 

広州の地下鉄の切符売り場は結構並びます。

上海はペーパーレスが結構すすんでて、スマホでほとんど地下鉄に乗れてしまうらしいのですが、広東省はまだまだ、そこまでではないみたい。

並んでて思ったのですが、地元の人?でも切符買うのに戸惑う人が多かったですね。

前の人がどのボタンを押したらいいか悩んでたので自分が教えてあげました。

自分も一番最初に悩んだポイントだったので、すぐ気が付きました。

 

広州 路地裏

ホテルの最寄り駅からの道中。

がらわるっw

やっぱり南の方が乱れてるな~って思う。

ま、暑いからみんなこうなっちゃうのかも?

 

 

東亜大酒店

ホテルに到着。

とってもいいホテルです。

 

 

 

壁が穴だらけだけどね。

 

 

 

 

工事中のところもあるけどね。

 

 

 

 

 

  

配線むき出しで感電しそうだけどね。

 

 

 

 

 

1914年創業という歴史のあるホテルみたいです。

 

 

 

 

 

部屋は薄暗く、照明がすくない。

 

 

 

 

  

でも広い。

冷蔵庫あり。

 

 

窓の外は

 

変なもの干してるね。

 

 

このホテルはここで予約しました。

https://www.booking.com/

一泊158元なり。

前に香港で泊まった怪しいホテルもここで予約しました。

中国遠征 第2弾 6日目(深セン~香港 九龍・尖沙咀地区)[アマゾンOEM、輸入]

Booking.comの格安ホテルを予約するとこういうホテルになるということですね。

 

 

あやしいのだ~いすき♪

 

 

 

さて、そんなことはさておき。

この場所に来たのには理由があります。

 

 

万菱広場

ここに来たかったからです。

万菱広場です。

広州の雑貨市場で有名な場所ですね。

ホテルはそこからやや西にいった一徳路というところです。

ホテルから出るとすぐそこにはおもちゃ問屋がずらりと並んでます。

 

 

この日の夜は珠江川の河川敷を歩いてみることにしました。

 

とても平和的な場所です。

この先には観光名所の広州タワーが見えます。

 

次回は万菱広場のことを書いてみます。

ではでは。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

Related Articles:

    スポンサードリンク

     

    サブコンテンツ

    プロフィール

    【ポン式総合せどり】完全独立への道 プロフィール

    ハンドルネーム:ポンまん
    完全独立を目指し奮闘中!
    やるなら今しかね~
    趣味:ガーデニング
    憧れの人:田山幸憲
    尊敬する人:山田方谷

    このページの先頭へ